起業

起業したい人の起業する方法6つのステップ(前編)

こんにちは。スギムーです。
今回は、「新規事業の始め方」です。

起業・開業するには、
そこまでたどり着くための「地図」と
その時々、何の情報が必要なのか?
を知っていることが重要です。

目的地までたどり着かないのは
「全体像」を知らないからであり、
その道を辿る際の、解決策を持っていないから
ということに尽きます。


■なぜ起業の全体像を知らずに起業する人が後をたたないのか?

当然ながらゴールが見えなければ
そこまで走ることもできませんし、
解決策を理解できなければ動くことすらできません。

「いつまでやらないのか!?」
「そのままでいいのか!?」
「失敗などない!先ずは行動!」

などの、精神論も当然あるのですが、
そもそも、「創業のやり方」って知ってる?

って話なのです。
基本的にネットの無料のビジネス情報や書籍は
部分的にしか把握できないようになっています。

なぜなら、全体像とか、本質といった情報は
あまり売れないからです(苦笑)

検索もされていませんから、わざわざそういう本質的な話を
発信する人も少ないでしょう。

求められている情報を出した方が
人が集まるし、売れるからですね。

その辺りを度返しして僕なんかは情報をまとめたりしているので
ヒットしないであろう記事、
テーマ的には読みたくならない記事も、
たくさん書いていくことでしょう(笑)
(なんとか読んでもらえるように工夫していきます)

なので、本質的な情報は
多くの人が求めていないことにこそあるので、
その辺りは要注意して情報を集めた方が良いのです。

例えば、仏教の本て読みます?
って話なのです。

ドラッカーって読みました?
というね。

漫画みたいには読めないですからね(笑)

でも、そういう古典にこそ本質は多くあります。
もちろん使い古されたり、時代に合わない部分もありますが。

■正しく起業できなかった末路

それで、ビジネスを始めようとした時、
多くの人が、

とりあえず商品を仕入れるとか、
とりあえずお店を作るとか、
とりあえずブログを始めるとか、
そういう行動から移しがちです。

しかし、そういう行き当たりばったりの行動が
後々、自分を苦しめることになるのですよ。

僕が、ご相談を受ける内容として
多くは、「何年も」同じことを繰り返して
停滞している方が多いのです。

事業の始め方を間違えたばっかりに、
あるいは改善行動の仕方を間違えたばっかりに、
ずっと停滞してしまう、
ということが起きます。

つまり、始めたときに
明らかに「無理ゲー」からスタートしているのですね。

・市場のないマーケットに売り込み続けている
・誰に何を売るのかよくわかってない
・業態が成立していないオリジナルの「やり方」でビジネスをしている
・おかしな価格設定やメニューでビジネスをしている
・お客が誰なのかわからない

といった、前提の段階で無理なビジネスを
はじめてしまい、
何年も停滞する

というパターンが多いのです。

これは元を正せば
開業時の情報の誤りから起きていることですし、
創業のやり方をすっ飛ばした末路なのです。

■ビジネス情報のほとんどは改善ノウハウばかり

ビジネス情報なんてものは業績改善ノウハウであり

「うまく行っていないビジネスを直すこと」

が前提です。

最初から正しい手順でビジネスを作れば
業績改善ノウハウを大幅に導入しないといけないなんてことは
必要ないのです。

ましてやビジネスのリニューアルなんてものは
必要がないのです。

上手く行っているイノベーション(価値)を
スケール(拡張)していくだけですから。

正しい手順で創業しているのなら、
創業後に起きる問題で解決が難しいものは
組織的な問題解決が中心になるはずです。

そういった側面もあり、
最初にある程度、基本的なポイントをおさえて
創業するということはかなり重要なわけです。

■起業の方法は6段階のステップがある

ということで、本題です。

よく開業のやり方、のような本では
開業手続きとか、融資とか、お店作り、
とかそういう行動的な手順は書かれていますが、
重要な戦略的な手順が全く書かれていなかったりします。

なので、そうした戦略的な手順を中心に
全体の流れをご説明します。

起業の方法(1)人生を企画する

最初にしなくてはいけないのは経営者であるあなた自身の人生の企画とも言えるものです。

なぜビジネスを始めるのか?
どうありたいのか?
どんな未来を手にし、
どんな感情で過ごし
何をして、どんな人に囲まれているのか?

ということを考えていく段階です。

ここで構築するものは「コア構築」です。

ビジネスの核となるビジネスをする理由です。
専門的にはミッション(存在意義)とビジョン(未来)がそれにあたります。

ここでは以下のリソースを洗い出すことが必要になります。

・ビジネスをする動機
・自分の才能
・自分の知識
・自分の技術
・自分の人脈
・自己資金

こうした棚卸しをして
人生のスケッチを描くことから始めるのです。

起業の方法(2)ビジネスアイデアの企画

次にその棚卸しした情報を元にビジネスアイデアを作る段階に入ります。

つまり、「誰に対して何を売る商売をするのか?」
という基本的なビジネスの核となるアイデアのことです。

ここで構築するものは「ビジネスアイデア」です。
マーケティングのフェーズとしては
「ポジショニング」というものを作ります。

つまり、その市場において
「誰に対して」
「どんな方法の」
「何を(商品)」
提供するビジネスなのか?

というものを言語化することで、
お客においてどういった位置付けのお店なのか?
ということを表したのがポジショニングです。

ここで必要になるリソースは

・顧客の未解決の問題
・市場分析、市場規模
・成功モデル
・競合分析

です。

顧客や、他社の情報を集めることで
その市場において、何が解決されていないのか?

ということを見つけ出し、

自社が解決を約束できる部分と照らし合わせて
ビジネスアイデアを作っていきます。

ここでは簡単な事業スケッチを描ければオッケーです。

誰に向けた何を売るお店で、
それには、こういう仕入先とパートナーが必要だな

という簡単なスケッチです。

 


後編はこちら

 

無料メルマガはこちら




良い記事だったので投げ銭する

いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter でTakashi Sugimuraを

ピックアップ記事

  1. 既存マーケティングが崩壊している3つの理由
  2. ビジネス用語辞典40選ー全ては言葉の定義でできている
  3. 音楽業界の現在 vs 今後の音楽ビジネスの18の違い
  4. アーティスト・バンド集客のためのWEBマーケティングプロモーション4つの道具

関連記事

  1. 起業

    起業するならオススメの業種は?中学生に聞かれた5つの質問

    こんにちは。スギムーです。今や中高生でも「起業」に興味のある子…

  2. 起業

    起業アイデアを自己分析から作る発想法

    こんにちは。スギムーです。女子力は高めです。今回は、起業ア…

  3. 起業

    起業や経営の不安を解消するたった一つのこと

    こんにちは。スギムーです。仕事に限らず「将来が不安」「うまく行…

  4. 起業

    ビジネスパートナー・チーム作りをするための4つの仕事タイプ診断

    こんにちは。スギムーです。前回、ビジネスは「作る仕事」と「売る仕事…

  5. 起業

    新しいビジネスアイデアは必要ないという事実

    こんにちは。スギムーです。実は女子大生です(意味のない嘘をつきまし…

  6. 起業

    起業の失敗談から学ぶ失敗の原因まとめTOP5

    起業の失敗は事前に知っていれば防げるものばかりです。起業に不足…

BOOK

魂の音楽ビジネス構築術: 世界観を作って熱狂的ファンを作る音楽アーティストの次世代ビジネス

NEW ENTRY

RECOMMEND

  1. マインドセット

    起業するときの書籍7選 女性にもおすすめのビジネス書ランキング(前編)
  2. アーティストビジネス

    音楽を売ってはいけない!アーティストはコミュニティビジネスだ
  3. マインドセット

    やりたいことがない人は人の夢を応援すればいい
  4. マインドセット

    必ず実る努力と、絶対に実らない努力の違い
  5. 戦略・ビジネスモデル

    ポジショニング戦略の意味とは?ポジショニングの作り方
PAGE TOP