アーティストビジネス

ミュージシャンの収入を増やす「ストーリー」の力

こんにちは。スギムーです。(@sugimuratakashi

音楽アーティスト活動講座を実施中です。↓

音楽記事シリーズ。

アーティストの価値を高める4つの方法。
3つ目は「ストーリー」です。

前回の付加価値の形成によって、
あなたのコミュニティには機能的な価値が生まれました。

「このコミュニティに入れば何かが得られる!」

というものになってきたと思います。

これだけでも十分な価値形成ができる場合も多いでしょう。

今回は、さらに自分のコミュニティ価値を高める
「ストーリー」についてお話しします。


■ファンは未来を買っている

人はモノやサービスを買うときに、このように考えます。

「これを買ったら綺麗になれるかも」
「これを買えば友達が増えるかも」
「これを買えば〇〇が解決するかも」

このように未来を想像してモノやサービスを買っていますよね?

人は何らかのストーリーを想像しているのです。

ですから、アーティストのコミュニティにも
「ストーリー」が必要です。

どんな人が、どこまで、どうなっていくことが
イメージできるコミュニティなのか?

その現実的、物理的な
ストーリーを作ることで
コミュニティ自体の価値が高まっていきます。

例えば、
「このコミュニティに入ったら、
外国人の友達ができて英語が喋れるようになって
就職が決まった」

というストーリーが最初にあった場合、
そのコミュニティの価値は
海外の友人が欲しい人や英語を習得したい人には
非常に魅力的な場所になりますよね?

■アーティストは未来の目的に導くストーリーテラー

ストーリーを描くとき、
必ず、主人公がいます。

ビジネスにおける主人公は顧客です。
つまり、ファンです。

あなた自身は、その顧客を未来に導く
物語を作り上げる創造主である必要があります。

自分が主人公だと勘違いしてしまった起業家やアーティストは
成功することはまずあり得ません。

ビジネスは、顧客が「買う」ことによって成立します。

我々が「売る」ことによって成立しているわけではないのです。

顧客が「買いたい」「入りたい」「時間を使いたい」
というコミュニティを
アーティストは保有している必要があるのです。

■物語の構成は三幕構成

ストーリーで最も大事なのは、
「始まり」と「盛り上がり」、そして「終わり」です。

主人公の最初の状態はどんな状態でしょうか?

多くの物語は、
主人公の最初は、平凡な日常です。

何か退屈があったり、
不満があったり、何かが欠けている状態です。

そして物語が始まり、
何かが起こり、
その日常は、非日常へと変化します。

例えば、素敵な女の子と出会ったり、
例えば、どこかへ冒険することになったり
例えば、トトロに出会ったりします。

何かが起きて、
今までの常識が覆り、
非日常へと旅立ちます。

そして、その冒険で何かを得て、
また日常へと帰ってくる。
というゴールです。

欠けていた何かを取り戻したり、
成長をして終わります。

ビジネスも同じです。

何か悩みがあった顧客が
あなたのコミュニティに出会い、
欠けていた何かを見つけていく。

そうした物語なのです。

■物語の最初は問題の提起

主人公は、最初、何か問題が起きないと
その冒険に向かおうとは思いません。

言い換えれば、「問題を認識しないと」
物語は始まらないのです。

問題を認識し、
そのコミュニティでその問題が解消しそうだ
ということを理解するから
そのコミュニティに入ろうとします。

では、あなたのファンは
どういった問題意識を持っている人たちなのでしょうか?

どういった願いや悩みがあるのでしょうか?

そして彼らにそのコミュニティは
何を約束し、与えることができるでしょうか?

あるいは、その約束をするために、
どういうコミュニティやステージに
加工することができるでしょうか?

■ビジネスモデルはストーリーの長さで決まる

ストーリーは
ビジネスの継続性にも関係していきます。

例えば、
コンサートに来る目的が
「ストレス解消」であれば一時的な欲求を満たして
取引は終わってしまいます。

「友人に会うこと」でもライブ終了後に
友達と遊んで別の場所でお金を使っておしまいです。

しかし、
そのような短期的な目的ではなく、
コミュニティ自体に「目的」を持たせることによって
より大きなゴールを目指すようになります。

例えば、
化粧品は、どこかのお店で
手軽に買えるもので、買ってしまえば終わりですが、
ドモホルンリンクルのような商品は
定期販売という形で、
一度そのコミュニティに入れば(契約すれば)
継続的なビジネスになります。

これも、30代以降の女性が美しさを維持する
という目的、ゴールを設定したということですね。

■そのコミュニティは何がゴールなのか?

ファンに何をさせ、どこへ導くのか?

あなたのファンになると
誰がどのような未来に導かれていくのでしょうか?

最初、どんな状態だった人が

そのコミュニティの持つストーリーで

どう言った変化をしていくのでしょうか?

それは相手がそのストーリーを聞いただけで
ワクワクするような
時間とお金を支払うだけの価値があるストーリーでしょうか?

ストーリーを考えてみましょう。

↓こちらを読むとさらに理解が深まります。

無料メルマガはこちら

サービスはこちら





良い記事だったので投げ銭する


いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter でTakashi Sugimuraを

関連記事

  1. アーティストビジネス

    音楽アーティストは集客より営業をしなさい

    こんにちは。スギムーです。(@sugimuratakashi)…

  2. アーティストビジネス

    音楽業界の現在 vs 今後の音楽ビジネスの18の違い

    こんにちは。スギムーです。(@sugimuratakashi)…

PROJECT

音楽ビジネスアカデミーBizMu

 

BOOK

魂の音楽ビジネス構築術: 世界観を作って熱狂的ファンを作る音楽アーティストの次世代ビジネス

おすすめWPテンプレート20選

NEW ENTRY

RECOMMEND

  1. マインドセット

    先生がいくら稼いでいてもその顧客に結果が出ていなければ意味がない
  2. マーケティング

    モテる恋愛マーケティング心理学とは?本命にモテる人の特徴
  3. 戦略・ビジネスモデル

    儲からないビジネスはクリアできない「無理ゲー」である
  4. マーケティング

    ニーズとウォンツの違い|潜在ニーズから売れる商品を生み出す方法と事例
  5. 戦略・ビジネスモデル

    事業計画の立て方は「改善・改革・革新」の3つから
PAGE TOP