アーティストビジネス

アーティストが注目を集める方法をジョンレノン・村上隆・会田誠に学ぶ

こんにちは。スギムーです。
音楽記事シリーズの最後。これで一区切りにします。

アーティストの価値を高める4つの方法。
最後はこれです。


■アーティストは「発言」によって価値を高めている

結論を言うと、アーティストの価値を高めるのは
作品を有名にすることや
コミュニティの価値を作ることや
その価値をストーリーによって明確にしていくこと
以外に、
誰でもできるのがこれ。

「発言」の力です。

事実、多くの有名ミュージシャンは
その奇抜な発言や、
独自の哲学、
あるいは「ビッグマウス」といった発言で
注目を集めてきました。

もちろん、ミュージシャンだけではなく
人気のスポーツ選手や
多くの芸術家は、
たくさんの「名言」を残しています。

これはまさに彼らの「世界観」によって
人々が惹きつけられている証拠ですね。

■ジョン・レノンの世界観

例えば、ジョン・レノン。
彼の世界観については、メルマガの中でも話してきました。

非常に明確で、わかりやすいメッセージを発信していますよね。

ジョン・レノンといえば「ラブ&ピース」です。

世界観というのは、詳しくはこちらの記事などを
読んでいただきたいのですが↓

 

その素晴らしい発言の裏には
明確な「共通の悪」があるのです。

だからこそ、
いかに素晴らしいラブ&ピースの思想を展開する
ジョン・レノンであっても
時に、その「悪」に対しての批判のメッセージ
辛辣な言葉があります。

そうした発言こそが
注目の的になり、話題になり、
時に批判になり、時に、共感になるのです。

■ジョン・レノンの数々の問題発言

例えば、ビートルズがデビュー間もない頃のコンサートで、
エリザベス女王などの王族も見ている前で
ジョンレノンはこのような発言をしたことが当時話題になり
今では伝説になっていますね。

安い席の方は拍手をお願いします。
それ以外の方々は、すみませんが宝石をジャラジャラさせてください。
/ジョン・レノン

 

皮肉が込められ、ジョークにもなっていますが、
裏側には貧富の差に対して好ましく思っていない
という思想も見えるジョークです。

あるいはこのような発言もし、大きな反感を買いました。

政治に興味がないわけじゃないんです。
ただ政治家に興味がないだけです。
/ジョン・レノン

そして最も有名かつ、暴動にまで発展した発言もありますね。

キリスト教は廃れるだろう。衰退して無くなると思う。議論の余地はないよ。僕は間違ってないし、そのうち証明もされるだろう。僕たち(ビートルズ)は今やイエス・キリストより有名だ。どっちが先に消えるんだろうね。ロックンロールかキリスト教か。イエスはいいと思うよ、でも彼の弟子たちが愚鈍だったと思う。弟子たちのせいでおかしくなったと思うし、それで僕は嫌になっちゃった。
/ジョン・レノン

 

ジョン・レノンの歌詞の中には
宗教やスピリチュアル、政治家などへの批判が多くみられ
それと同時に「世界を1つにしよう」という
ラブ&ピースのメッセージが込められています。

同じようにそうしたものを悪と感じ、
彼の向かうべき世界に対して共感できる人々が
ビートルズやジョンレノンの熱狂的ファンになっているはずです。

■会田誠「いかにすれば世界で最も偉大な芸術家になれるか」

現代芸術家の会田誠さんなどは、最強の発言をしています。
「天才でごめんなさい」という会田誠展のネーミングからして最強ですが。

その中で「いかにすれば世界で最も偉大な芸術家になれるか」という
ことをまとめているのがこちら。

1 同じことは・・いや似ていることさえ、二度と繰り返すな。
天才芸術家には毎秒毎秒記憶喪失を繰り返すくらいの、精神の鮮度が必要だ。
2 自分の過去がどうだっていいように、人類の過去だってどうだっていい。
天才芸術家にとって過去の奴らなんて、みんな取るに足らない下手っぴばかりだ。
3 芸術家にスケジュールや納期という概念はない。
4 英語を喋るなんて凡庸なことを平気でできる時点で、自分の才能を疑った方がいい。
どうしても母国語以外を喋るという暇つぶしがしたいなら、古代シュメール語とか犬語とか、面白いのにしておけ。
5 パスポートは要らない。海の向こうからの客は、気が向けば迎えてやってもいいが、自分が客になることはありえない。
6 指から伝わって魂が腐るから、金には触るな。
というか、そういうものが腐ったこの世にまることを、最初から知るな。
7 大物な権力者やコレクターやキュレーターやギャラリストや批評家にあっても、すぐに忘れろ。
そして次にあったら「は?どなたさん?」と言え、というか、理由もなく突然、殴ってみてもよい。
8 向精神作用のある有害物質を含む、あらゆる嗜好品を常時摂取し続けろ。
それを肝臓で濾過するのも馬鹿馬鹿しい話だから、あらかじめそんな無用な臓器は摘出しておけ。
9 大恋愛と決闘は、定期的にやるとよい。
10 仕事するな。何も作るな。
/会田誠

完全に最強発言ですよね(笑)

この独特な世界観から、
あの独特な作品が生まれているわけです。

こうした発言によって、さらに注目度を高めてしまいます。

■村上隆の「芸術起業論」

こうした「発言による価値の向上」については
実は、現代芸術家の村上隆さんの著書「芸術起業論」にも
似たように触れています。

 

村上さんは等身大フィギュアが16億円で落札されるなど、
作品の価値を高めていくことに対してのマネージメントを
論理的に実行している数少ない芸術家の一人でしょう。

芸術作品の価値は、発言で高めるべき
金銭を賭けるに足る物語がなければ芸術作品は売れません。
村上隆著書「芸術起業論」

ヒットというのは、コミュニケーションの最大化に成功した結果です。
村上隆著書「芸術起業論」

天才同士が戦いを繰り広げている頂上決戦の中で、凡人は斬り捨てられていくのが弱肉弱食の世界のルール。どの世界でも、ごくわずかの天才の数より、天才を求める人の数の方が多い。美術作品の価格が高騰していく過程はそれに比例する
村上隆著書「芸術起業論」

どのようにして需要と供給のバランスを崩し、
価値を高めていくのか?

その基本戦略として、まずあげているのが「発言」です。

ツイッターで炎上商法を行なっていることも公言されているくらいです。

アーティストや起業家は
世界観を語り、作品の価値、コミュニティ(商品サービス)の価値を
語れなければいけません。

■過激であれ、ということではない

このような話をすると、
そんな過激な思想は持っていない
という方がいますが、
その必要はありません。

過激であることや、毒舌であるということが重要なのではなく、

誰かにとっての悪を消し去っていくための活動である
必要があるだけです。

問題を解決しようとしない意味のない商品を買う人はいません。

可もなく不可もない
ということは、熱狂的な支持者もいません。

アンチがいてもいいのです。

好き嫌いを分断するからこそ、
あなたに共感する人だけが周囲に集まってくるのです。

■ブログを書いて世界観を発信しよう

はっきり言って、アーティストで情報発信をしていなければ
誰にも言葉が刺さりませんからファンができるはずがありません。

サーバを借りてワードプレスで情報発信をする
というのは、アーティストにとって常識になってもらいたいものです。

世界観による発言の重要性を
理解できた人から、上昇していきます。

トップレベルのアーティストは
この力を知っていますし、使いこなしているのです。

チラシを撒いたって、宣伝したって
価値がなければ、そこに物語がなければ、
その物語を語る発言がなければ
人が集まっても継続性や熱狂性に欠けるでしょう。

さぁ、世界観を作りましょう!

↓こちらでもアーティストのビジネスの全体像をつかめます。

無料メルマガはこちら





良い記事だったので投げ銭する


いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter でTakashi Sugimuraを

関連記事

  1. アーティストビジネス

    「音楽は金儲けじゃない」に本気で反論しておく

    どうも。スギムーです。「ポルカドットスティングレイ」というバン…

  2. アーティストビジネス

    有名だから価値が高い!アーティストが有名になる方法

    こんにちは。スギムーです。音楽アーティスト記事シリーズです。…

  3. アーティストビジネス

    音楽業界の現在 vs 今後の音楽ビジネスの18の違い

    こんにちは。スギムーです。音楽ビジネスが終わっているというのは嘘で…

  4. アーティストビジネス

    何年やってもお金にならない!音楽アーティストが売れない理由

    こんにちは。スギムーです。前回、「業種ビジネス」についての問題を理…

  5. アーティストビジネス

    音楽業界が今後、生き残る方法。音楽は終わってなんかいない

    こんにちは。スギムーです。僕は一応、音楽業界系のビジネスコンサ…

  6. アーティストビジネス

    ミュージシャンの収入を増やす「ストーリー」の力

    こんにちは。スギムーです。音楽記事シリーズ。アーティストの…

PROJECT

BOOK

魂の音楽ビジネス構築術: 世界観を作って熱狂的ファンを作る音楽アーティストの次世代ビジネス

おすすめWPテンプレート20選

NEW ENTRY

RECOMMEND

  1. 戦略・ビジネスモデル

    商品企画・開発のプロセスと切り口の事例|商品企画書のテンプレートまで
  2. アーティストビジネス

    アーティストが注目を集める方法をジョンレノン・村上隆・会田誠に学ぶ
  3. 起業

    ビジネスパートナー・チーム作りをするための4つの仕事タイプ診断
  4. マインドセット

    年収1億円の悩み。頑張ってたどり着いた場所には、いつも土砂降りの雨が降っている
  5. 戦略・ビジネスモデル

    コンセプトの意味とは?例を31個紹介!商品・ブランドのコンセプトの作り方
PAGE TOP