起業

ビジネスオーナーになる方法|それは起業or労働?

こんにちは。スギムーです。(@sugimuratakashi

起業しても
「忙しい」
「自分が倒れたら終わり」
「毎日、作業をしないといけない」

という場合は多いです。

起業した時点では「年収1000万円が目標」のような
『状態』を目的にしてしまいますが
『状態』というのは『常態』なわけではありません。

ずっと続くわけではないということ。
続かせるには、その仕事を永延とやっていかないといけない。

それは、起業する際にエグジットプラン(出口計画)
がないことが問題なわけです。

海外では起業の最終目的を「事業売却」に設定することが多いです。
それがエグジットプランです。

永遠にアイデアが枯渇しない人もいませんし
労働を何歳になっても毎日できる人もいません。

売却をせずとも、
エグジットプランとして、ビジネスオーナーになっていくことは
ある程度、イメージし、覚悟して計画的に始めないと
目の前の仕事をこなすだけの毎日が待っています。

今日はビジネスオーナーになるための
ビジネスの条件について書いて行きます。


■ビジネスアイデアでビジネスオーナーになれるかどうかはほぼ決まっている

起業した時点で、そのビジネスアイデアは
ビジネスオーナーになったり、
売却したりできるのか?

ということは、おおよそ予想がつきます。

まず、「自分がサービス提供をする」
というビジネスアイデアを持って
起業する人が多いですが、
その後、集客や販売に成功しても
そのビジネスから自分が抜けられないで
困っているという人は非常に多いのではないでしょうか?

起業したとしても
「そのビジネスに再就職しただけ」
という場合が多いのです。

なぜ、そんなことになってしまうかといえば
結論としては「スケーラビリティ(拡張性)」がない
ビジネスアイデアだから。
という一言に尽きます。

スケール(拡張)できるビジネスであれば、
成功すれば自分が抜けられますが
スケールができないビジネス、
あるいは、スケールする気がない場合は
そもそもオーナーになることは不可能です。

スケールできるビジネスかどうかを
チェックする3つのポイントを見ていきます。

■ビジネスオーナーになる方法(1)人に任せられるか?

人が介在するサービス提供のビジネスであれば、
人を増やす以外に基本的にスケールの方法がありません。

そういったビジネスを選択した場合、
最初は自分でサービス提供をしたとしても
後々、人を育成管理していく立場を取らなければ
スケールしていくことも
自分が作業から抜けることもできません。

自分にしかできないサービスであった場合、
自分のキャラクターで売っていた場合、
雇用を考えていない場合は
スケールは難しくなります。

例えば、大手チェーンは、
高校生や主婦のアルバイトが労働力の中心だったりします。
それは、作業を単純化し、誰にでも提供可能な仕事にまで
仕組みを完成させて、スケールできるようにしてきたということですね。

■ビジネスオーナーになる方法(2)資産が増やせるか?

売り上げを増やす方法というのは
本質的に「資産を増やす」ということでしかありません。

資産というのは、
一般的に考えられているものとは全く異なります。

車や家は資産になりません。
ほとんどの買い物は資産ではなく負債を買っています。
なぜなら、「お金を増えるものが資産」であって
「持っていたらお金を減らすもの」は負債だからです。

経理上は、ものを買えば資産ですが、
経営的には逆ということです。

「売れる商品の在庫を増やすこと」
「売れる店舗の売り場面積を増やすこと」
「売れる人材を増やすこと」

こうしたことが例えば、資産な訳です。

そうした資産の購入に投資をし、
回収をしていくのがビジネスの本質なわけで、
資産を増やせないものがビジネスアイデアだった場合
スケールができないわけです。

例えば、
量産できない商品
増やせない人材
増やせない売り場面積
となると、売り上げが拡張していくことはありません。

■ビジネスオーナーになる方法(3)組織が作れるか?

たった1人で10億まで売り上げを作ることができるビジネスというのは
確かに存在します。
通販やWEBサービスといったインターネットビジネスです。

なぜそんなことができるかといえば、
デジタルコンテンツやプログラムによる自動サービス提供、
あるいは消耗品の通販というのは
無制限に資産を量産できるタイプの商品です。

その上、それらを運用するための組織を作っているため
多くの売り上げを対応できるということ。

スケールしやすいビジネスはそもそも組織化もしやすいと言えます。
一個の商品サービスをひたすら売り続けるだけで成長できたり、
一個の成功店舗をひたすら拡大していくことだったりと
業務がシンプルなためです。

自分でなくても提供できるわけですから
立派に自分が抜けて、事業の売却が可能になります。

脱線しますが、
国内で投資回収率の高いビジネスのランキングには
WEBサービスがかなり占めています。

その意味はもうお分りかと思います・・。

■ビジネスオーナーになれないなら一気に稼いでください?

ビジネスオーナーになれなくても
短期間に一気に稼いでしまえば
老後の不安はないかもしれません。

ただ全てを顧みず、
ひたすら働けば、一気に稼げるかといえば・・・

そんなことないですよね?

だって、あなたもめちゃくちゃ頑張っていますし。

だから、一気に稼ぐにしても何にしても、
上記までの考え方である「スケール」
という発想が実は必要なわけです。
じゃないと、そもそも一気に稼ぐことも、オーナーになることも
ましてや売却することも不可能だったわけです。

これが最大の根本的『無理ゲー』の正体。

「そもそもスケールできない」

というビジネスアイデアでスタートすることそのものが
問題なのです。
こっそり書いておくけども(笑)

■情熱がなければ人は生きられない

結局のところですが、
ビジネスをすることも
オーナーになることも
売却するエグジットプランも

人生の目的ではないってことです。

実際、やってみれば分りますが
何もせずに
のんびり過ごしてみる

そんなの1ヶ月もずっとその状態だったら
人間、ノイローゼですよ。

人は情熱がなくては生きていけません。

何かに燃えていかないと、しょうもないのです。

スケールできる萌えるビジネスをやりましょう!

(何かが台無し)

 

無料メルマガはこちら

サービスはこちら

noteマガジン「コンサル型個人ビジネスの教科書」はこちら





良い記事だったので投げ銭する


いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter でTakashi Sugimuraを

関連記事

  1. 起業

    天職の7原則 仕事の適正 向き不向きを知る最強の自己分析

    こんにちは。スギムーです。(@sugimuratakashi)うま…

  2. 起業

    怪しいビジネスセミナーに騙されないための4つの視点

    こんにちは。スギムーです。(@sugimuratakashi)…

  3. 起業

    問題意識を持つには?ビジネスをやるなら自分の情熱を見つけよう

    こんにちは。スギムーです。(@sugimuratakashi)…

  4. 起業

    起業の正しい勉強方法とは?普遍的な学習方法を伝授

    こんにちは。スギムーです。(@sugimuratakashi)…

  5. 起業

    月収100万円の目標では月収100万円になることがない理由

    こんにちは。スギムーです。(@sugimuratakashi)…

PROJECT

ソウルワークnote

 

音楽ビジネスアカデミーBizMu

 

BOOK

魂の音楽ビジネス構築術: 世界観を作って熱狂的ファンを作る音楽アーティストの次世代ビジネス

おすすめWPテンプレート20選

NEW ENTRY

RECOMMEND

  1. 戦略・ビジネスモデル

    薄利多売の意味|薄利多売の逆・反対とは?
  2. 戦略・ビジネスモデル

    市場規模の調べ方|失敗しない起業のための簡単な市場選びの基準
  3. マインドセット

    生きる意味がないと感じるのは何故か?「人間は自由の刑に処せられている」
  4. 起業

    ビジネスオーナーになる方法|それは起業or労働?
  5. 起業

    ライスワークは嫌な仕事をしていくしかないのか?
PAGE TOP