アーティストビジネス

何年やってもお金にならない!音楽アーティストが売れない理由

こんにちは。スギムーです。
前回、「業種ビジネス」についての問題を理解していただいたと思うので、
いくつか僕の経験のある業界で、業種ビジネスから脱却していく
方法論を書いていきます。

シリーズ物として、業界別に記事をアップしていきます。
第一弾は音楽業界編です。

あなたの業界や、困っているテーマでも今後シリーズ展開していくので
一週間くらい待ってください(笑)

まず、「何年やってもお金にならない」と言う
アーティストの方が結構いるようですのでそのあたり。


■なぜ音楽アーティストは売れない、売りにくいのか?

結論から言うと、
機能的価値を感じる人が少ないからです。

考えてみてください。

仕事でパン屋さんを始めたとします。
チラシをまきました。
集客しました。

パン。
売れますよね?きっと。
まずそうじゃなければ。

そして、美味しければ、
もう一回、リピートしにきますよね?

もしそれで利益が出ていなければ、
お客さんの数が少なすぎなのか、
値段が安すぎなのか、
原価がかかりすぎなのか、
リピート率が悪いのか?

いろんな部分を修正していけますよね?

しかし、音楽アーティストの場合。

「ライブ初めてやりまーす」
チラシまきました。
SNSで告知しました。

どれだけ集まります?

集まりませんよね。友達しか。

まず、ここから疑問を持っていきたいんですね。

なぜ、一般業種は、すぐに仕事が成立するのに
アーティストは成立しないのか?

■<理由> 機能的価値がないから

その理由は音楽アーティストという存在は、まだ無名の場合
「機能的価値」が薄いから、ということが言えます。

人は「価値」に対して、
お金や時間を使っています。

価値というのは「結果」です。
時間軸で言えば、「未来」とも言えます。

例えば、
「お腹が空いた」という問題が発生します。

そして、空腹を満たせるであろう未来を見越して、
「バナナ」を購入

結果、食べたことで、
空腹という問題はなくなり、
さらに、バナナが美味しければ、問題がなくなっただけでなく
美味しいものを食べることができた
というメリットも手に入りました。

必ず、人間はそうした未来を見越して、
また、信じられる未来、約束された未来
に対してお金を支払っています。

それには、その商品自体が
購入者の問題や悩みを解消する
何かしらの「機能」を持っている必要があり、
その「機能」が相手に伝わっている必要があるのですね。

■音楽作品には明確な機能的価値がない

音楽は素晴らしいです。
僕は子供の頃から音楽ファンですし、
楽器も演奏しますし、
iTunesには数万曲が入っています。

ですが、
音楽というのは確実に何かに役に立つ
という機能は非常に少ないですよね。

問題が直接的に解決したり、
役立ったりということは考えにくいです。

楽しい気持ちになるとか、
共感できるとか、
ワクワクする、とか
そうした感情的な変化の方が多く

それそのもので何かを解決することはできません。

■ビジネスが成り立つ2つのパターン

ビジネスということは、
単純に、お金を支払うだけの結果が得られる商品か?

ということです。

ビジネスが成り立つには2つのパターンがあります。

1つは、「役立つ、問題が解決する」

という商品です。

もう一つは、「嬉しい、楽しい」

という商品です。

1番目は「機能的価値」を有した商品ということ。

2番目は「情緒的価値」を有した商品ということです。

断然、1番目の商品の方がビジネスが成り立ちやすく、
1番目を満たしながら2番目の要素まで兼ねそなえる
ブランド製品であれば、
機能的にも素晴らしいし、使っていて楽しいとか、誇れるとか
そうした情緒的価値も提供してくれます。

2番目だけでは、なかなか成り立ちにくいということです。

■つまり、価値を意図して作ること

問題なのは自分の活動そのものに
価値があると思い込んでいることです。

価値とは先ほどのように
相手にとって、お金を支払うだけの何かが得られるのか?

ということと結びついてこそ価値なのです。

活動単体では価値というものは発生しません。
相手のニーズと、活動や作品の持っている性質が
結びついて、価値という現象は発生します。

そうした価値の発生を意図して作り出すのが
ビジネスというものです。

あなたのファンになると、
どんな価値が得られるのでしょうか?

シリーズ次回は、アーティストの価値とは何か?
どうやって価値を高めていくのか?

という話を書いていきますー。

これもチェックすると理解が早まります。今なら300円です↓

無料メルマガはこちら




良い記事だったので投げ銭する

いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter でTakashi Sugimuraを

ピックアップ記事

  1. アーティスト・バンド集客のためのWEBマーケティングプロモーション4つの道具
  2. 音楽業界の現在 vs 今後の音楽ビジネスの18の違い
  3. 既存マーケティングが崩壊している3つの理由
  4. ビジネス用語辞典40選ー全ては言葉の定義でできている

関連記事

  1. アーティストビジネス

    音楽を売ってはいけない!アーティストはコミュニティビジネスだ

    こんにちは。スギムーです。音楽記事シリーズ。アーティストの…

  2. アーティストビジネス

    有名だから価値が高い!アーティストが有名になる方法

    こんにちは。スギムーです。音楽アーティスト記事シリーズです。…

  3. アーティストビジネス

    音楽業界が今後、生き残る方法。音楽は終わってなんかいない

    こんにちは。スギムーです。僕は一応、音楽業界系のビジネスコンサ…

  4. アーティストビジネス

    アーティスト・バンド集客のためのWEBマーケティングプロモーション4つの道具

    こんにちは。スギムーです。音楽業界でマーケティングをしてきた経…

  5. アーティストビジネス

    アーティストが注目を集める方法をジョンレノン・村上隆・会田誠に学ぶ

    こんにちは。スギムーです。音楽記事シリーズの最後。これで一区切りに…

  6. アーティストビジネス

    矢沢永吉の世界観「音楽をやるヤツは経営者になっちゃいけないなんて誰が決めた?」

    こんにちは。スギムーです。ヨロシク!■熱狂的ファンを生む世界観…

BOOK

魂の音楽ビジネス構築術: 世界観を作って熱狂的ファンを作る音楽アーティストの次世代ビジネス

NEW ENTRY

RECOMMEND

  1. マインドセット

    必ず実る努力と、絶対に実らない努力の違い
  2. 業績アップ

    サイレントクレーマーが最も怖い。本当のリピーター対策とは?
  3. アーティストビジネス

    音楽業界の現在 vs 今後の音楽ビジネスの18の違い
  4. 教育・子育て

    高校生が起業!ビジネスプランコンテストがすごい!実例も紹介
  5. 戦略・ビジネスモデル

    原理原則とは?ビジネスと人生で迷いがなくなる唯一不変の戦略
PAGE TOP