実績報告

サロンのリピーターを増やして今期最高売上達成【実績報告】

こんにちは。スギムーです。

今回の事例はリラクゼーションサロンの成功事例です。

今回の実践報告は素晴らしいです。
何がすごいって、社長さんではなく
なんと、スタッフさんの実践報告だからです!

さらに、コンサルではなく、
僕の教材のみで実践中の方です。

ちょっと考えられますか?
経営者ですら、コンサルやビジネスの学びに投資をしない人が多い中、
スタッフさんが教材を購入し、実践し、結果も出しているという。
女性の方です。女性はすごいです。

いい加減、やらないとやばいですよね?
世の中の本気でやってない男とか、大丈夫ですかね?

こういう方はどんどん応援したくなります。

では、行ってみましょう。


■サロンの実践内容

・当初の課題:リピートと客単価アップ
・実施した施策:顧客リサーチとリピート率アップ

まずはご報告の一部抜粋です。

以前は当日予約が多かったのですがコミニケーションが取れているため、スタッフ指名数が増え、毎回次回予約する方、2カ月先まで予約する方などが増えてきて、先月は今期最大の売上でした。

サロンの場合、予約が入るかどうかで
経営が安定するかが決まってきます。

当日予約が中心で、予約が取れていないという課題があったようで
リピート改善に取り組みました。
最初はこのようなメッセージをいただきました。

経営者ではないし、図々しくも参加しても良いのだろうかーと思っていましたが、とても分かりやすくしていただいて、内容も素晴らしく、毎日メールを楽しみにしてました。目の前のお客様に感動していただいてリピートしてもらうにはと考え、日々の仕事も意識しながら行っています。最後のメッセージにあるように、幸せになるために仕事したいと思います。

全然、経営者じゃなくても学ぶ気のある人は大歓迎です。

いくら現在が素晴らしい成果が出ていても
「歩みを止めた人」には興味はありませんが
今、どんな状態の人であれ、歩み続ける人は大歓迎ですね。

■顧客リサーチの重要性

まず最初に行ったのが「顧客リサーチ」です。

どのような客層がサロンの優良顧客なのかを知ることで、
集客方法、集客メッセージ、リピート改善方法など
あらゆることが見えてきます。

・購買頻度が高い客層
・購買額が高い客層
・その客層が、他のサロンではなくこのサロンを選んだ購買動機

と言ったことを調査して共通点を見つけていただきました。

売れている共通のメニューなどはなかったものの、
リピート頻度の高い客層の購買動機が共通していました。

動機として施術を受けにくるということだけではなく、
「お店のスタッフとのコミュニケーション」
を目的としていたということが分かりました。

それにより、現場でのコミュニケーションを増やしたことで
2ヶ月先の予約も取れるようになったということです。

これは現場をよくわかっている人だからこその視点ですね。
コンサルタントではそこまで具体性のある施策を提案するのは不可能でしょう。

ヒントをもらって、現場を知る人間が主体的に考える
ということで生まれる施策と言えます。
コンサルに頼りっぱなしでは無理ですね。

■スタッフが経営を理解する強さ

まず、サラリーマンはビジネス情報なんて関係ないと思っているんですよね。
ビジネスをやっているのにも関わらず。

このブログを読まない人、
このブログでなくてもこうしたビジネス情報を勉強しない人や
情報に投資をしない人というのは、

「毎日、行動するほどに大きな成果を得ているビジネスを作れている人」と
「諦めた人」だけ

のはずなんですよね。

前者は勉強するより、行動すればいいわけです。
もう戦略も戦術も完璧にあるわけですから。
おそらく単独で年収3000万はいくのでしょうし、
魂から喜べる仕事を作れているのです。
だからこんなブログは読む必要ないのです(笑)

でも、それ以外の人は、今すぐに正しい情報が必要なんです。
なのに「関係ない」と思っているわけです。

それに対して、今回の実践者の方のようにスタッフの立場で
学びに投資し、実行するという行動力。

こうしたスタッフが経営理論の基礎を理解し、
マーケティングを現場レベルで改善していくことができれば
どれだけ前向きな組織になるでしょうか?
どれだけ、楽しい組織になるでしょうか?

それだけ、ビジネスのインプットは
サラリーマンなどのスタッフでも、
もちろん完璧なビジネスを得ていない全ての事業者に
必要なんですよね。

■サロンの課題

最後にこちらの実践者や、サロン経営の方へのアドバイスとして
サロンの課題というのがあります。

サロンは技術料金が中心です。

スタッフが1時間でいくらの価格の施術をするか?
ということの売り上げで決まっています。

ということは、スタッフの人数×1人が対応できる客数×客単価=売り上げ
ということです。

ということはですよ?

「1人あたり対応できる客数を増やす」
というのは無理ですよね?

8時間働いて6人が限界であれば、6人が限界です。
それ以上は施術の時間を短くするか「もっと働くか」しない限り、増やせません。

ということはですよ?

サロンというのは「客単価」をあげることしか売り上げを増やす方法はないわけですよ。

で、客単価アップには

・値上げ
・アップセル=高額メニューをすすめる
・クロスセル=物販などで購入点数を増やす

があるわけです。

で、全部やったらいいのですが、
サロンの人が一番、注目していないのが
「クロスセル」です。

なぜか、技術しか売りたがりません。

目の前に顧客がいるのに。
他に解決策を知りたがっているのに。

それを教えれば、どんな「モノ」でも売れるんですよ。

モノなら、スタッフが風邪で休んでも売り上げは作れますが
技術料金は、スタッフが辞めたら止まります。

倒れたら終わりのビジネスです。

■物販をやりましょう

サロンの人、教室の人、など
同じお客さんが毎月くるようなビジネスの方は
自分が働かなくてもいい「物販」をやるべきです。

例えば、施術で1万円とします。
物販で5千円売れれば、それだけで売り上げ1.5倍です。
施術だけで売り上げを1.5倍にするには
スタッフの人数を1.5倍にするか、
値段を1.5倍にするしかないんですよ。

なのに、なぜクロスセルをやらないのでしょう?

そんなことすら知らない経営者ばかりで、
現場の従業員に無理な仕事をさせて、
なんとか売り上げを作らせようとしています。

もちろん、スタッフの立場で物販の仕入れができない、
という場合は、「一緒に売れるものはないか?」探してみてください。
その施術を受けた後に必要になるもの。
これも一緒にやったらより良くなるもの。
という関連した施術や何かを見つけてみましょう。

 

ソウルワークの読者は、業界の風習にとらわれず、
3つの数字を上げていって
他店、他社を出し抜いていってください。

あなたが、会社や業界を変えるのです。

スタッフだって、このように、経営に対してできることはあるんです。
ソウルワーク現在販売している唯一の教材はこちらです↓

 



良い記事だったので投げ銭する

↑投げ銭、動くようになりました(10/7)

いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter でTakashi Sugimuraを

ピックアップ記事

  1. アーティスト・バンド集客のためのWEBマーケティングプロモーション4つの道具
  2. 既存マーケティングが崩壊している3つの理由
  3. ビジネス用語辞典40選ー全ては言葉の定義でできている
  4. 音楽業界の現在 vs 今後の音楽ビジネスの18の違い

関連記事

  1. 実績報告

    飲食店が新規集客折り込みチラシで反応率0.56%達成の成功事例【実績報告】

    こんにちは。スギムーです。コンサルティングでの実践報告です。…

  2. 実績報告

    ピボット戦略とは?客単価10倍・粗利40倍にした方法【実績報告】

    こんにちは。スギムーです。今回は、ソウルワークのコンサル生の事…

  3. 実績報告

    法人の新規開拓でDM反応率3%を達成【実績報告】

    こんにちは。スギムーです。今日からコンサルでの成果報告を部分的にし…

  4. 実績報告

    コンサルタントになるには?|素人がゼロから3ヶ月で起業した方法【実践報告】

    こんにちは。スギムーです。今回はソウルワークのコンサル生では珍…

  5. 実績報告

    美容室が集客せずに3ヶ月で売上アップ・リピート2倍・客単価2倍【成功事例】

    こんにちは。スギムーです。今回は美容室のコンサル成功事例を紹介…

  6. 実績報告

    【収益公開】たった3ヶ月でブログでお金は稼げるのか?

    こんにちは。スギムーです。よーし、お父さんブログ始めちゃうぞー…

BOOK

魂の音楽ビジネス構築術: 世界観を作って熱狂的ファンを作る音楽アーティストの次世代ビジネス

NEW ENTRY

RECOMMEND

  1. 起業

    起業・開業する人のための新規事業を作る6つのステップ(後編)
  2. マーケティング

    プロが教える『本命にモテる』マーケティング心理学
  3. 実績報告

    サロンのリピーターを増やして今期最高売上達成【実績報告】
  4. マーケティング

    チラシを依頼しても集客できない理由
  5. マインドセット

    自分に自信が持てない事は最大の武器 セルフイメージの真実とは?
PAGE TOP