業績アップ

業績アップさせるシンプルな3つの方法

こんにちは。スギムーです。
業績アップというのは意外とシンプルなんですよ。奥さん。


■売上は3つの数字で作られている

皆さんも聞いたことがあると思いますが
「売上」というのは
たった3つの数字でできています。

以下の公式が売上の公式です。

売上=お客さんの数×顧客単価×販売回数

つまり、
何人のお客さんに、いくらで販売し、
それを平均何回、繰り返すのか?
ということです。

この数字を少しずつ上げることが業績アップになります。

■ほんの少しの努力で売上2倍にする方法

例えば、売上を2倍にするというのは
お客さんの数、客単価、販売回数を
それぞれを25%アップするだけで
約2倍になります。

毎月、100人の新規顧客が来ていたなら
それを125人にする

一回の取引で、平均単価が5000円だったのなら
それを6250円にする。

リピートの数が毎月平均1回だったのなら、それを平均1.25回にする。

当初:100人×5000円×1=50万円
改善後:125人×6250円×1.25=97万6562円

という感じで、
約2倍になるわけです。

■最初に客単価と利用回数を上げること

とりわけ業績アップというと
集客をすることばかり
考えられがちですが

いくら集客をして販売しても
利益を生まない客単価だったり
次に利用される仕組みがなければ
全く利益は残らないのです。

だから、最初にやるのは集客ではなく
ビジネスモデルの改善です。

客単価と利用回数を最初に増やす仕組みに変えることが先決です。

■弱い部分を徹底的に上げること

「良いところを伸ばせ」
という教えは、
今回には当てはまりません。

掛け算式というのは、
大きい数字を伸ばすより、
低い数字を少しあげた方が
合計が大きくなりますからね。

「鎖は弱い部分から切れる」

ということです。

顧客数、客単価、リピート
の、どの数字が一番小さいのか?

その小さい数字を徹底的にあげることが
業績アップでは必要な考え方です。

もちろん、数字の大きい小さいは
それぞれを比較した数字ではありません。
顧客数、客単価、リピートの数字で一番小さいのは当然リピートなので。

そうではなく、自分の業種の成功モデルとして
単価が低すぎないか?
客数は適切か?
ということです。

■まずは数字を把握すること

実際に、

「忙しい!」
「利益が出ない!」
「集客できない!」

という人は、

・どの事業がどれだけの売り上げなのか?
・どの商品がどれだけ売れているのか?
・顧客数が何人いるのか?
・平均顧客単価はいくらか?
・顧客のリピート回数は平均何回か?
・広告の反応率は何%なのか?
・あるいは、成約率は何%なのか?
・何にどれだけ時間を取られているか?

と言ったことに答えられないことがほとんどです。

まずそうした様々なことを数字で把握し、
何が弱いのか?を理解することが先決です。

さて、あなたのビジネスは

顧客数、客単価、リピート
どこが弱いでしょうか?

無料メルマガはこちら





良い記事だったので投げ銭する


いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter でTakashi Sugimuraを

関連記事

  1. 業績アップ

    口コミを起こす紹介システムの作り方|売り込みに参加したい人はいない

    こんにちは。スギムーです。「口コミ」という言葉があります。…

  2. 業績アップ

    集客がうまくいかない4つの理由

    こんにちは。スギムーです。業績アップシリーズ。一番、質問が…

  3. 業績アップ

    顧客満足度は上げなくていい 本当の顧客満足度向上とは?

    こんにちは。杉村です。「顧客満足度をあげよう!」というふう…

  4. 業績アップ

    リピーターが増えない4つの理由|ビジネスのリピーターを増やす方法

    こんにちは。スギムーです。「リピーターを増やす」というのは…

  5. 業績アップ

    売上を作るためにやってはいけない4つのこと

    こんにちは。スギムーです。シュークリームのクリームをこぼさずに食べ…

PROJECT

BOOK

魂の音楽ビジネス構築術: 世界観を作って熱狂的ファンを作る音楽アーティストの次世代ビジネス

おすすめWPテンプレート20選

NEW ENTRY

RECOMMEND

  1. マインドセット

    年収1億円の悩み。頑張ってたどり着いた場所には、いつも土砂降りの雨が降っている
  2. 思考法

    思考放棄すればうまくいく理由。もう考えるのやめようぜ。
  3. マーケティング

    Appleの世界観「自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが本当に世界を…
  4. 起業

    自分の棚卸しをして自分の起業の強みを見つける方法
  5. 教育・子育て

    教育改革を知っている親は9割|2020年に必要なスキルとは?
PAGE TOP