マインドセット

劣等感しかない人へ。クラスの人気者に大人になっても負けるつもりか?

こんにちは。スギムーです。

ポジティブ推進派のリア充アピールの前向き軍団というのは
大勢の人に囲まれて成功してる感じですよね。人生レベルで。

で、こういう人たちは
だいたいにして、子供の頃から人気者です。

・学校のクラスで目立ってた美人(お近づきになりたい)
・勉強ができるやつ
・コミュニケーションがうまい友達の多いやつ
・笑いの取れる面白いやつ
・スポーツが得意だった好青年
・何をやってもイケメン

結局は、こういう人らに大人になっても負けるんでしょうか?

僕ら落ちこぼれは(笑)


■劣等感しかない奴は大人になっても勝てないのか?

さらに、今の時代は、こういう人も大活躍できるわけです。

・何かのオタクで何かに異常に詳しい
・絵が上手い、など特技がある

こういう人も、何か突出しているから
今の時代、ウェブを作って情報発信してもうまくいくでしょうし
1つの分野に特化している人は、ビジネスでも成功しやすいでしょう。

じゃあ、僕らのような中途半端な落ちこぼれはどうしますか?

・詳しいことが特にない
・誰にも負けないことも1つもない
・何やっても中途半端
・コミュ障
・大学も出ていないし勉強は嫌い
・容姿も普通かそれ以下
・特に面白いことも言えやしない
・ボッチ

断じて、書いてて悲しくなってなんてないけども
まぁ実際、完全に僕もこっち側のグループです。

こっち側の人間は、才能ある人のように
好きなことをして、大勢に囲まれて
大きな舞台で、大成功を収めて
という生き方ができないんでしょうか?

嫌な仕事を食べていくためにして、
子供の頃の夢も忘れて
毎日愚痴を言って、いきてくしかないんでしょうか?

決して、そんなことはないです。

■ビジネスだけは平等だ

僕はまったく勉強せずに学校をサボっていましたし
大学も出ていませんし
友達はほとんどいないし、
誰にも負けない特技も知識もありませんでした。

人と変わったプロフィールは、
ちょっとバンドやってたくらいです。

何をやっても中途半端な人間でしたよ。

今でも(笑)

でもね、ビジネスだけは平等だと言い切れます。

才能も関係がない
容姿も関係がない
得意なことさえなくたってできる

学生時代の人気なんて関係がない。

そんな世界はビジネスの世界しかありません。

大人になったら、
人気者のグループを雇う側に回りました。

勉強できるやつを雇えばいいし、
コミュニケーションができる人と組めばいい。
それだけのことです。

自分でできる必要なんてない。

タレントになるには面白くないとできません
モデルになるにはスタイルが良くないとなれません
小説家になるには創作への集中と文才が必要です
スポーツ選手になるには相当な鍛錬と肉体が必要です
歌手になるには人を惹きつける魅力が必要です

ですが、ビジネスだけは、本気でやれば誰でもできると言い切れます。

■何も持ってないなら借りてくればいい

最悪、何も詳しくないなら
人の商品を売ればいいわけです。
何も生み出す才能がなくても問題ありません。

僕は、23歳の時、何にもなかったので
アフィリエイトでビジネスを始め、生計を立て始めました。
つまり人の商品です。

だから、ビジネスを理解し実行できれば
なんでもできることを知っています。

ビジネスの世界は全て「原理原則」に支配されています。

・どこに困っている人がいるのか?
・その困っていることをどうやったら解決できるか?
・その解決策をどうやって相手に知ってもらうか?
・買ってもらって儲かるように数字を作るにはどうするべきか?

例えばこう言ったことを一個ずつ潰していけば
アホだろうと、学がなかろうと、
顔がよくなかろうと、別に商売なんてできます。

■人気者のルールに縛られるな

・特技を生かして輝いている人
・大勢の人に囲まれて楽しそうにやってる人
・表現力が豊かな人

色々いますよ。

でも、それはその人の才能、その人の得意なことです。

同じルールで生きる必要はないのです。

そういう特殊な才能で集客したり
人気が出るキャラクターで売ったり
誰にも真似できない表現力でビジネスをしたり

という才能を生かしてやっているだけ。

でも、それも原理原則の前では
はっきり言って『弱い』。

・集客の仕組み
・セールスの仕組み
・ビジネスモデル

そうした仕組みの前では、
一人の人間の魅力なんてものの、影響力は微々たるものです。

つまり、仕組みを持てば、人気者とさえ渡り合えます。

■劣等感しかないならビジネスをやろう

才能ある人間に、
劣等感しかない奴が勝てるフィールドはビジネスです。

ビジネスをやるということは
「価値を作る」ということです。

自分で商品サービスを作ってもいいし、
作れないなら他人の商品サービスを
価値があるようにしていくことです。

価値あるものを持っていたら
人は勝手に寄ってきますし、売れていきます。

別に自分の能力や才能で勝負する必要なんてないんです。

だから、みんな今すぐビジネスをやればいい。
と思っています。

副業でもなんでもいいです。
価値を作ることです。

■大成功している人間は才能にビジネスを掛け合わせている

「夢や自分の能力を諦めて、ビジネスに逃げるなんてカッコ悪い」

とかいう人がいるかもしれませんが
それは間違いですからね。

大成功している人は、やっぱりビジネスしていますから。

スポーツだろうと、音楽だろうと、漫画だろうと

なんだろうと、本当に大成功している人は
夢中になって頑張ってやり続けられるという才能を持ちながら
さらに、それをビジネスとしてやっているから
大成功しているんですよ。

人気の漫画は、みんなが求めているストーリーだから売れるんです。
つまり価値があるわけです。

それってビジネスの視点があるからできることです。

だから、自分に才能があろうがなかろうが関係なく、
ビジネスに取り組むことは、なんの逃げでも、なんでもありません。

むしろ、大人になってもやられっぱなしの方が
よっぽど逃げてるわけです。

■「劣等感しかない」から、さぁ、反撃だ

大人になっても人気者グループに負け続けますか?

自分はああゆう人たちとは違うと、
諦めるんですか?

そして魂の入っていない仕事に人生の大半を費やしますか?

子供にもそうするしかないのだ、と教えていきますか?

嫌ですよね。

勝ち負けじゃないですよ。
同じフィールドで争うことはないです。
自分のフィールドで戦えばいい。

でも、一度は本気で戦わないといけない。

何と戦うかって?

その人気者のグループを見返すため?

そんなショボい目的で頑張れますか?

戦うのは、

自分自身とですよ。

本気じゃなかった自分と。

誰かと比べて劣等感を抱く前に
去年の自分と変わっていない自分自身に対して
劣っていることを悔しがろう。

さぁ、反撃しようぜ。

無料メルマガはこちら




良い記事だったので投げ銭する

いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter でTakashi Sugimuraを

ピックアップ記事

  1. 既存マーケティングが崩壊している3つの理由
  2. ビジネス用語辞典40選ー全ては言葉の定義でできている
  3. アーティスト・バンド集客のためのWEBマーケティングプロモーション4つの道具
  4. 音楽業界の現在 vs 今後の音楽ビジネスの18の違い

関連記事

  1. マインドセット

    価値とは恋と同じである

    こんにちは。スギムーです。今日は美熟女とのときめきの話。■価値…

  2. マインドセット

    夢がない人が正常です。「夢を持つことが良い」の大嘘

    こんにちは。スギムーです。最初に言っておきますが、夢を持つこと…

  3. マインドセット

    <ネタバレ>コンサルタントがしょうもない理由

    こんにちは。スギムーです。「コンサルにえらい目にあった」と…

  4. マインドセット

    頑張らない仕事が当たり前。頑張らないからうまくいく理由

    こんにちは。スギムーです。世の中的に、「頑張らない!」みたいな…

  5. マインドセット

    ストレスない人間関係は「去る者は追わず、来るものは超選ぶ」

    こんにちは。スギムーです。僕は人間関係が不得意だとずっと子供の…

  6. マインドセット

    『幸せになりたい』は不幸の呪文

    こんにちは。スギムーです。アイ盆中。(特に意味はありません)…

BOOK

魂の音楽ビジネス構築術: 世界観を作って熱狂的ファンを作る音楽アーティストの次世代ビジネス

NEW ENTRY

RECOMMEND

  1. 戦略・ビジネスモデル

    コンセプトの例を31個紹介!商品・ブランドのコンセプトの作り方
  2. マーケティング

    プロモーションの意味とは何か?売れない時に広告してはいけない
  3. 教育・子育て

    子供はみんな天才だ。子供に教育は必要ない。
  4. 戦略・ビジネスモデル

    イノベーションの意味とは?事例でわかる価値の作り方
  5. マインドセット

    ストレスない人間関係は「去る者は追わず、来るものは超選ぶ」
PAGE TOP