マインドセット

必ず実る努力と、絶対に実らない努力の違い

こんにちは。スギムーです。

「努力は必ず実る」という言葉がありますが
大人の皆さんは、そんなわけがないことくらい知ってます。

前回、「ジャブを打ち続けろ」というメッセージを書きました。

でもね、あなたが打ってるジャブ(努力)が
実るかどうかは最初からわかっているんですよ。

だって、今までもジャブを打ってきたでしょ?
頑張ってきたでしょ?

なのに、なぜそれが相手のダメージとして蓄積していかないの?
ダウンに至らしめられないの?

言い換えれば、なぜビジネスの売上として蓄積していかないのか?
毎年やっているのに、ずっと同じ規模なの?
ってことです。

正しい努力を積み上げているなら、
毎月、毎年、変化が訪れるんです。


■確実に実る努力とは「全体設計」だけである

いくら、毎日、同じ労働を積み重ねていても、
それは「ジャブ」ですらありません。

毎日、行動していても、
なーんにも積み上がっていかないんですよ。

だってね、
毎日10時間働いたとして、
毎月、何十件もの案件をこなしたとしても、
それはそういう仕組みの中で働いているだけなんです。

・自分で決めた価格
・自分で決めた市場
・自分で作った仕組み
・自分で選択した顧客層

そういう中で、作業しているに過ぎないんです。

それは「ルーチン作業」というものであって
同じことを繰り返しているだけです。

その努力は一切、実ることはありません。

ビジネスで確実に実る努力というのは
「全体設計」の作業をすることです。

■仕組みを変えなければ努力は実らない

例えば、
時給800円のアルバイトの人が、
一生懸命に働いたとします。

給料、変わりますか?

って話です。
同じです。

だって、それは時給800円の仕組みの中で働いているから。
例えば、
客単価4000円の美容室が
たくさんのお客さんを相手に毎日、作業したとします。

売上増えますか?
って話です。

増えないんです。

客単価4000円のお客さんで、最大300人やれるなら
120万円の売上しか行かないんです。
それが頑張ったからと言って、
毎月500万円にいきなりなることはないんです。

いくらやっても同じです。
例えば、集客数が少ないからと言って、
毎日、一生懸命、新メニューを開発したとします。

それでお客さん増えますか?
って話です。

増えないんです。

そもそも来店がないのに、来店した時に出す商品を増やそうと
改善しようと全く意味がないんです。
お客はエスパーじゃありません。
ましてや、魔美じゃないんです。(意味不明)

時給を変えないといけないし、
客単価を変えないといけないし、
客数を増やさないといけないし、
そういう「前提」の仕組みを変えないと
何をどう努力しても何も変わらないんです。

だから、そういう努力は実らないんです。

■全体を設計するとは?

ビジネスは、プロセスです。

何かに困った人が、何かを探し出して
解決策である商品サービスを見つけて
購入して、決済して、
リピートする

という一連の流れです。

その全体の流れを設計する必要があります。

・お客は誰なのか?
・何に困っているのか?
・自分は何に強いのか?
・誰に何を言えば客数が増えるのか?
・価格は最適か?
・商品の売る順番は?
・リピートしてもらう商品や動機は?

こうしたあらゆる全体像を見直して、
作り変えて、

客数×客単価×回数

の3つの数値をそれぞれ上げていくことが基本です。

その全体の仕組みを変える努力

それこそが実る努力です。

そして、成功したものを拡大していくことです。
投資と回収によって。

■資産を増やさなければ努力は蓄積しない

自分の行動エネルギーを活用して
売り上げを作っていても、蓄積することはありません。

働いたぶんだけ、時給換算で戻ってくる。それだけです。

そうではなく、ビジネスは
資産を増やすことによってしか、
売り上げが増えることはありません。

1度作った仕組みを動かし続けるということです。

自分で働くのではなく、資産(仕組み)に働かせてこそ
ビジネスになりえます。

ビジネスにおける資産とはこういうものです。

・広告費以上に収益が見込める優良顧客を集める集客システムへの投資
・来店されれば売れる売り場面積への投資
・売り上げ対応する人材を増やす投資
・売れる商品の在庫への投資

ビジネスによって投資ポイントは変わりますが、
こういう、「収益をもたらすもの」が資産であり、
資産を増やすための努力こそが実る努力です。

最初に利益を出して、その利益を
成功している売り上げをもたらす
上記のような仕組みに投資するのです。

■あなたの「ジャブ」は適切か?

さて、以上で、
今自分が毎日、打っているジャブが
意味があるものなのか、そうじゃないのか?
判断ができたと思います。

資産を増やすという全体設計に対して
毎日、コツコツと作業をして
売り上げを構成する
「客数」「客単価」「回数」
の3つの数を増やしていくことを
しているなら、それは経営の仕事をしています。

そうじゃなければ、
その努力は実らないでしょう。

人の都合に騙されて、
魔法の特効薬なんか、探している場合じゃないよ。

自分の資産を築いていきましょう。

正しい方向に対してした努力は必ず実る。

それが、人を救ったり、自由になったり、
生きる意味のある時間を過ごせる
唯一にして最高の手段です。

 

無料メルマガはこちら




良い記事だったので投げ銭する

いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter でTakashi Sugimuraを

ピックアップ記事

  1. アーティスト・バンド集客のためのWEBマーケティングプロモーション4つの道具
  2. ビジネス用語辞典40選ー全ては言葉の定義でできている
  3. 既存マーケティングが崩壊している3つの理由
  4. 音楽業界の現在 vs 今後の音楽ビジネスの18の違い

関連記事

  1. マインドセット

    ウサギとカメの本当の話

    こんにちは。スギムーです。今回は「ウサギとカメ」の本当の話を紐…

  2. マインドセット

    自由になりたい人のための「自由に生きる」ことの本当の意味

    僕があなたに伝えたいことはたった1つのことだ。それは「…

  3. マインドセット

    ビジネス占い師が予言する『うまくいかない人の3つの共通点』

    こんにちは。スギムーです。13年もプロデュースをやってると、上手く…

  4. マインドセット

    社会不適合者に向いてる仕事|社会に適合する必要がない理由

    こんにちは。スギムーです。世界は、社会不適合者によって作られて…

  5. マインドセット

    ポジティブシンキングの本当の意味を知らずにネガティブになる弊害

    こんにちは。スギムーです。「ポジティブに考えましょう」というの…

  6. マインドセット

    ビジネス用語辞典40選ー全ては言葉の定義でできている

    「はじめに言葉ありき」《新約聖書「ヨハネによる福音書」第1章から》…

BOOK

魂の音楽ビジネス構築術: 世界観を作って熱狂的ファンを作る音楽アーティストの次世代ビジネス

NEW ENTRY

RECOMMEND

  1. アーティストビジネス

    「音楽は金儲けじゃない」に本気で反論しておく
  2. マインドセット

    言う前から諦めるのやめませんか?タリーズコーヒー社長に学ぶ交渉マインド
  3. 教育・子育て

    人間力を向上させる方法|抽象度を上げれば人生は変わる
  4. 戦略・ビジネスモデル

    精神論・根性論が現代の日本の仕事に当てはまらない理由
  5. 思考法

    問題解決能力ではなく問題を発見する力が経営には必要だ
PAGE TOP