起業

月収100万円の目標では月収100万円になることがない理由

こんにちは。スギムーです。

「月収100万円が目標です」
という人が多いです。

実際、月収100万円になっても税金もありますし
大して世界は変わりませんが、
ましてや「月商」100万円では、経費もありますし
手残りはかなり少ないわけですが、
なぜか多くは月収・月商100万円が目標です。

しかし、そこに届かない人というのが大半のようです。

起業したりフリーでやっていて
収入が100万も行っていない場合は
多くは無理ゲーに陥っています。

が、それ以前に
月収100万円を目標にしても
そこに届かない理由があるのです。


■月収100万円すら届かない理由

月収100万円の内訳はなんでしょうか?
という話です。

その月収100万円は自分の収入の目標ということでしょう。

ということは自分のための収益なので、
自分の責任において
自分で100万円を稼がないといけません。

しかし、

自己資金でスタートして
自分で商品を用意し、
自分で100万円は稼げる業態を作り、
自分でサービス提供の仕組みを用意し、
自分で集客の仕組みを作り、
自分で顧客対応をする

ということの全てを一人でゼロから作れますかね?
作れないからできないんですよね?

ということは人の手を借りないといけません。

自分の収入のためのビジネスを立ち上げたい、
しかし、自分一人では立ち上がらない。

これが問題なのです。

■月収100万円の目標では資金は集められない

例えばお金です。
ビジネスにはお金が必要です。

自分だけで用意できるお金はたかが知れています。
つまり、出資者が必要です。

出資者というのは、夢のあるビジネスに投資をします。
それは社会の問題解決になると思うから
自分も儲かるという計画があるから、投資します。

果たして、

「私の収入を100万円にするためのビジネス」

に、出資者が出資しますか?
ってことです。

しないです。

夢が小さすぎます。
目的が自己中心的すぎます。
だからお金は集められません。

ということは少ない自己資金で、始めることになります。

■月収100万円の目標では全てが手作り

次に商品やサービス開発、
マーケティングなどです。

自己資金ですから、予算が少ないです。

商品開発のリサーチの予算も、
商品のパッケージをデザイナーに頼むことも
ホームページを作成することも
チラシを作ることも
全てが自分でやらなければいけません。

予算があるならば、
外注を使えばいいでしょう。

しかし、それができないので
クォリティの低い自分で作業したものが全てになります。

無料ブログを使うとか、
そうしたことから始めがちです。

■月収100万円の目標では自分が労働しないといけない

まず月収100万円の目標を掲げているということは
人を雇う予定はありません。

場合によっては、外部の企業との連携も考えていません。

電話番も自分
商品の発送も自分
生産も自分
経理も自分

全て自分でやる予定になっているかも知れません。

ということは、
とにかく自分が働く前提なのです。

もちろんマネジメントや仕組み化が上手い人は
一人でも余裕でできますし、
ビジネスモデル次第では1億くらいまでは一人でできる
という場合もあるでしょう。

しかし月収100万円目標のビジネスモデルでは
組織図を作ったら全て自分がやることになります。

なので、それ以上になると「回らない」のです。
どこかの時点で自分だけでは回らなくなります。
疲れます。

■月収100万円の目標では誰も関われない

例えば、上記のような作業を
成果報酬でやってくれるという人もいるでしょうし、
利益が出たら支払ってくれれば
という人もいるかもしれません。

ましてや成果報酬型のコンサルティングや
集客コンサル、成果報酬型のコピーライターなど
もいるでしょう。

しかし、目標金額が小さすぎて
誰も関われません。

現在の売り上げから増やしたら10%ください。
という契約でも、

例えば現在が10万円です。
目標の上限が100万円です。

となれば、10倍の成果をもたらしても
もらえるのは10万円。

それでは誰も手伝いませんよね。

かと言って、
自分が出来もしない目標金額を言っててもそれは詐欺です。

例えば、自分が人材を雇う気もないし、
お店を拡大する気もないし、
業態をコンサル業に変えたり、BtoBに変えたりする気もない、
複雑な仕組みも作りたくない
できれば自分は現場で今と変わらず働きたい

ということなら、どうやっても目標額は100万程度でしょう。

それらをやるイメージがあって、責任を取る気があって、
目標が1億円です。というならば
関わる人は増えるはずです。

■月収100万円の目標が自分のためだから、自分でやらないといけない

さて、この話で「ハッ」と気づく人と
「まぁね」で終わる人がいますが、
果たしてあなたはどっちでしょうか。

あなたの収入を100万程度に増やすために
本気で手伝ってくれる人はいません。

だから、100万程度の目標なら
自分一人で、解決しないといけない
のです。

何かの情報やセミナーを買ってみる。
出せる範囲のコンサルを買ってみる。
出せる範囲のマーケティング施策に手を出してみる。

という程度で、
なんとか自分で組み立てていかないといけない。

それで自分でできた。という人だけがその収入になります。
できない人はできません。

これが、月収100万円目標だと
そこまですら行かない原因です。

自分で進めて、組み立てられない人には
コンサルのアドバイスだけでは
どうしても組み立てられない部分が出てきます。

その場合、「人に手伝ってもらう」以外に
自分でビジネスを組み立てられない人が
ビジネスを構築するのは無理なのです。

しかし、目標額が小さすぎ、
自分一人分のことしか考えていないから
誰も手出しができない。

という悪循環に陥っています。

■制限をかけずに関わる人とシェアすること

さて、じゃあどうするか?

「夢を語れ」

ってことです。

ひとりで見る夢はただの夢、みんなで見る夢は現実になる。
/ジョン・レノン

夢が明確で、大きければ大きいほど、
お金を出す人も、能力を貸す人も現れます。

全部自分でできないなら、
そんな100万円なんて小さな目標を立てる方が
よほど現実的じゃありません。
人を巻き込んで、もっと大きなビジョンを描けばいいんです。
人にやってもらったらいいんです。

「夢なんかない!」

オーケー。
それすらないなら、

「制限をかけずに、シェアしよう」

ってことですよ。

自分が行動し、リスクをとるという覚悟を持つ
そして、自分のためだけではなく、
関わる人全てをハッピーにする。

そしたら自分の問題解決(商品)を
もっと価値を高めるには?
もっと多くの人に提供するには?

と、「自分のため」だった
気持ちが外側に向いてきます。

そういう考えにシフトすれば
「運のいい人」になりますよ。

 



良い記事だったので投げ銭する

↑投げ銭、動くようになりました(10/7)

いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter でTakashi Sugimuraを

ピックアップ記事

  1. アーティスト・バンド集客のためのWEBマーケティングプロモーション4つの道具
  2. 音楽業界の現在 vs 今後の音楽ビジネスの18の違い
  3. ビジネス用語辞典40選ー全ては言葉の定義でできている
  4. 既存マーケティングが崩壊している3つの理由

関連記事

  1. 起業

    専門家を無料で雇って創業チームを作る方法

    こんにちは。スギムーです。起業するには個人でできるビジネスでな…

  2. 起業

    起業の正しい勉強方法とは?普遍的な学習方法を伝授

    こんにちは。スギムーです。「起業の勉強をしたい」と言う人向けに…

  3. 起業

    自分の棚卸しをして起業の強みを見つける方法

    こんにちは。スギムーです。起業する時にビジネスアイデアを作る前に…

  4. 起業

    起業の失敗談から学ぶ失敗の原因まとめTOP5

    起業の失敗は事前に知っていれば防げるものばかりです。起業に不足…

  5. 起業

    ライスワークは嫌な仕事をしていくしかないのか?

    こんにちは。スギムーです。よくセミナーなどで仕事には3種類…

  6. 起業

    起業や経営の不安を解消するたった一つのこと

    こんにちは。スギムーです。仕事に限らず「将来が不安」「うまく行…

BOOK

魂の音楽ビジネス構築術: 世界観を作って熱狂的ファンを作る音楽アーティストの次世代ビジネス

NEW ENTRY

RECOMMEND

  1. 起業

    起業アイデアを自己分析から作る発想法
  2. 思考法

    時間管理能力は低くて良い。できないのが当たり前。正しい時間の使い方とは?
  3. 戦略・ビジネスモデル

    コンセプトの例を31個紹介!商品・ブランドのコンセプトの作り方
  4. 戦略・ビジネスモデル

    キャッシュポイントを複数に増やす28個の商品の作り方
  5. マインドセット

    あなたがビジネスをする「本当の目的」を見つける方法
PAGE TOP