業績アップ

売上を作るためにやってはいけない4つのこと

こんにちは。スギムーです。
シュークリームのクリームをこぼさずに食べることを研究しています。


■売上を作るためにやってはいけないこと

僕はメルマガ読者のメール相談を受けていますが
その中で多いのが

「コンサルにこう言われた」
「本で読んだ」
「他のお店でやってたから」

などの知識に振り回されて、苦しんでいるケースです。

売上が足りないからといって

「事業拡大」
「スタッフ増員」
「クロスセル・アップセル」
「集客」

ということは
現在、利益が十分に出ていないのなら
断じてやってはいけません。

それは間違った知識です。

そんなものシュークリーム大王が許しませんよ!!(意味不明)

■(1)「事業拡大で売上を補填する」の間違い

現在のビジネスで利益が出ていない場合
多くは事業拡大に手を出します。

1号店だけでは儲からないから
2号店を作りましょう。
販路、取引先を増やしましょう。
支店を増やしましょう。

この発想だと厳しいケースになります。

なぜなら、うまくいってるとはいえないビジネスを
拡大することになるからです。

薄めた牛乳を飲んでみてください!!
ありえないマズさですよ!奥さん!

これも「発展モデル」の洗脳です。

今ある事業を「太い循環」にしてから「拡大(スケール)」する
という順番です。

これは以前もランチェスター戦略について書いたので
これも読んでくださいねー。

■(2)「スタッフを増やせば売上が増える」の間違い

リアルビジネスでキャパシティが決まっている
業種に多いのがこれです。

営業マン、対応スタッフを増やして売上を拡大するというもの。

言ってみれば「のび太」のコピーロボットの量産ですよ。

例えばサロンで、
一人あたりの売上が60万円だとします。
それを2人でやって120万円の売上です。
固定費が110万円でした。
残った利益10万円がオーナーの給与です。

足りません。

だから、スタッフを3人に増やしましょう。
という、とんでもアドバイスをするコンサルや
同業者がいるようです。

しかし、これは赤字を大きくするだけです。

シミュレーションしてみましょう。

三人に増えて売上が180万になりました。
固定費は一人の給与が増えて140万円としましょう。

じゃあ、40万円残るかといえば残りません。

その増えたスタッフの売上60万円を作るには
顧客を増やさなければなりません。

例えば客単価が5000円だったとしましょう。
それで120人で60万円です。

その120人を集客しつづけるのに
一人あたり3000円かかっているとします。
すると36万円の集客コストが必要です。

固定費は140万ではなく176万ということになります。
売上180万ー経費176万=4万円

ということになります。

これは実際によくあるケースです。

スタッフを増やすというのは、
今あるシステムを拡張するということが本質です。

今あるシステムが機能していない
利益が薄いモデルならば、
拡張すると、さらに状態が悪くなるということですね。

のび太ではなく、
壇蜜のコピーロボットを開発したら僕に電話をください。

■(3)「クロスセル・アップセルで売上を増やす」の間違い

ちょっとテクニカルになると、
こういうアドバイスをされている方もいます。

要するに、今の商品だけでは儲からないから
関連商品や、上位プランを用意しましょう。
というものです。

もはや「のび太」の兄弟です。
おっきいのび太も、ちっさいのび太も働いてくれません!

あながち間違いではありませんが、
今がたいして売れていないのに
そんなセールスをかけたら逆にお客はドン引きです(笑)

というか、今の商品だけで儲からないような状態なら
顧客の購買動機も不明確なわけで、
その中で用意した高額商品などは、ニーズがズレていて
あんまり売れないでしょう。

現状のビジネスがしっかり作れていれば、
関連商品や上位プランは、
お客さんの方から「それもください!」と言ってきます。

なぜなら、しっかりしたビジネスを作っていれば
あなたの価値に引き寄せられた優良顧客が多くなるからです。
その特定の問題を解消する商品サービスが
用意してあればそれだけで売れていく状態になります。

壇蜜の姉妹なら歓迎します!

■(4)「集客をして売上を増やしましょう」の間違い

これが一番多いですが、
現状のビジネスで利益が出ていないなら
集客で売上が増えても利益は残りません。

ジャイ子に1000回告白されてOKしますか?
って話です。

なぜなら集客できていないのは魅力が伝わっていないからです。
なぜなら集客コストもあるからです。

なぜなら対応コストもあるのです。
原価もキャパもあるのです。

利益が出るモデルになっていない段階で
客数を増やしても、赤字が膨らむだけです。

広告もそうですし、
場所を移転して交通量の多い場所に行く、
モール出店する
ジョイントする
など

そうしたことで客数を増やしても
そもそも無理ゲーであれば利益が増えて行くことはありません。

■すでにあるものを使って「太い循環」を作ろう

そういう嘘っぱちは放っておいて、
今すでにあるものを使って
目の前の顧客をどうやって感動させ続けられるか?

これを考えることが大事です。

ないものを求めるのではなく、
あるものを使うことです。

失った物ばかり数えるな!!
無いものは無い!!
確認せい!お前にまだ残っておるものは何じゃ!!!
/ワンピース ジンベエ

無料メルマガはこちら





良い記事だったので投げ銭する


いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter でTakashi Sugimuraを

関連記事

  1. 業績アップ

    集客がうまくいかない4つの理由

    こんにちは。スギムーです。業績アップシリーズ。一番、質問が…

  2. 業績アップ

    リピーターが増えない4つの理由|ビジネスのリピーターを増やす方法

    こんにちは。スギムーです。「リピーターを増やす」というのは…

  3. 業績アップ

    顧客満足度は上げなくていい 本当の顧客満足度向上とは?

    こんにちは。杉村です。「顧客満足度をあげよう!」というふう…

  4. 業績アップ

    口コミを起こす紹介システムの作り方|売り込みに参加したい人はいない

    こんにちは。スギムーです。「口コミ」という言葉があります。…

  5. 業績アップ

    業績アップさせるシンプルな3つの方法

    こんにちは。スギムーです。業績アップというのは意外とシンプルなんで…

  6. 業績アップ

    サイレントクレーマーが最も怖い。本当のリピーター対策とは?

    こんにちは。スギムーです。ビジネスはリピーターから利益が生まれ…

PROJECT

BOOK

魂の音楽ビジネス構築術: 世界観を作って熱狂的ファンを作る音楽アーティストの次世代ビジネス

おすすめWPテンプレート20選

NEW ENTRY

RECOMMEND

  1. 戦略・ビジネスモデル

    コモディティ化の意味とは?事例で解説する脱却方法・対策の間違い
  2. 起業

    誰でも1万時間でプロになれる「1万時間の法則」の本当と嘘
  3. マーケティング

    モテる恋愛マーケティング心理学とは?本命にモテる人の特徴
  4. 業績アップ

    口コミを起こす紹介システムの作り方|売り込みに参加したい人はいない
  5. マインドセット

    社会不適合者に向いてる仕事|社会に適合する必要がない理由
PAGE TOP