アーティストビジネス

音楽アーティストは集客より営業をしなさい

こんにちは。スギムーです。

「集客に困っている」
というアーティストが多いです。

はっきり言って、それは間違いです。

集客に困っている時点でやっていることが
間違っている可能性が高いのです。

それは集客に問題があるのではなく、
そもそもビジネスのやり方に問題があります。


■『集める』のではなく『集まっている場所』に行く

基本的に無名アーティストが人を呼ぶという
発想自体が厳しいのです。

以前も書いたように、
アーティストは有名だから価値が高いわけです。

無名の時点で価値はないのです。
それは最初は誰もが通る道です。

ではどうすればいいか?

「自分で集める」

という発想ではなく

「集まっている場所に行く」

ということ。

あるいは「集まりやすい場所に行く」です。

■前座もイベントもフェスも集まっている

そもそもどんなアーティストも
すでに人が集まっているイベントや
知名度が自分よりもあるアーティストの前座や
路上ライブ、モール、フェスなどに出演を繰り返して
徐々にファンをつけて、
自分自身でも集客できるようにしているわけです。

にもかかわらず、
自分でライブハウスで企画したライブに
集客しようというのが大きな間違い。

駅前でチラシを撒いても、
聞いたこともないアーティストのライブに
いきなりお金を払って行く人なんてゼロです。

今すぐ、人が集まっている場所にどんどん出て行きましょう。

■「集まる」仕組みを持って、「集まっている場所」に行く

ポイントは、裸一貫でそのような場所に行かないということです。

しっかりと武器を持って行く。

「集まる仕組み」という武器を。

例えばアンケートを取れる場所なら取る。

チラシを配ってウェブに誘導し、
ウェブでメールアドレスを取得する
あるいはFacebookやLineなどで企画を作って
それらに登録してもらう

本質的には、集まる仕組みというのは
自分のところにリストが残って行く仕組みです。

そういう仕組みを用意しておいてから
「集まっている場所」にどんどん出て、
ファンの見込みリストを増やして行くことです。

■つまり、営業をするということ

イベントやフェス、
自分のターゲットが集まりそうな場所なら
なんでもいいですが
そうした場所に出演交渉することが大事なわけです。

集客ではなく営業が重要ということ。

それがマネジメントということです。

マネージャーは、そうした案件をブッキングして
チケットや物販などの用意をして
キャッシュにして行くということです。

最初はそれらをアーティスト自身でやって行く必要があるかもしれません。

■営業でいきなり現金化する

地域的にそういうイベントがないとか、
ターゲット的に自分にあったイベントなどがないとか

そういう問題もあるでしょう。

そんな場合は、自分で作りましょう。

「人が集まっている場所」で
イベントを企画をすればいいのです。

・飲食店
・何かの施設
・学校
・地域
・企業

様々な場所に提案をし、企画を実施できれば
その場所の集客力との相乗効果で
売り上げを手にすることが可能になるだけでなく
「集まる仕組み」があることで
リストも同時に手に入って行きます。

そのリストを元に、
ワンマンなどにつなげて行くことを繰り返せば
売り上げを手にしながら、
集客力はどんどん上がって行くはずです。

実際にそうしたアプローチで営業をし
売り上げを立てているアーティストが
僕のクライアントには何人も存在します。

■営業が苦手

とはいえ、
「営業ができない」
「営業が苦手」
という場合もあるでしょう。

ただ、これだけは理解しないといけません。

音楽であろうと、絵描きであろうと
販売をしなければ売り上げは立ちません。

お金を1円でももらうということはビジネスであり、
ビジネスの根幹の業務は「販売」です。

販売をするから売り上げになる。
それしかないのです。

ビジネスの1つの機能として
「営業」はどんな形にしても避けられるものではありません。

対人のコミュニケーションが不得意なら
広告を書いて見込み客を集める。
など、

アプローチを自分でもできそうなものに
変えて、販売を実現する必要があります。

■勇気を持とう

最初は誰でも初心者であり、
未経験者です。

やったことがないから、できない

というのは非常に無駄な悩みです。

やってみてから悩もう。

下手くそでいいからやってみよう。

思ってるよりも、
人って優しいもんですよ。

↓まだの方はこちらを読むと理解が深まります。

無料メルマガはこちら




良い記事だったので投げ銭する

いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter でTakashi Sugimuraを

ピックアップ記事

  1. ビジネス用語辞典40選ー全ては言葉の定義でできている
  2. 既存マーケティングが崩壊している3つの理由
  3. 音楽業界の現在 vs 今後の音楽ビジネスの18の違い
  4. アーティスト・バンド集客のためのWEBマーケティングプロモーション4つの道具

関連記事

  1. アーティストビジネス

    アーティストが注目を集める方法をジョンレノン・村上隆・会田誠に学ぶ

    こんにちは。スギムーです。音楽記事シリーズの最後。これで一区切りに…

  2. アーティストビジネス

    「音楽は金儲けじゃない」に本気で反論しておく

    どうも。スギムーです。「ポルカドットスティングレイ」というバン…

  3. アーティストビジネス

    何年やってもお金にならない!音楽アーティストが売れない理由

    こんにちは。スギムーです。前回、「業種ビジネス」についての問題を理…

  4. アーティストビジネス

    ミュージシャンの収入を増やす「ストーリー」の力

    こんにちは。スギムーです。音楽記事シリーズ。アーティストの…

  5. アーティストビジネス

    音楽を売ってはいけない!アーティストはコミュニティビジネスだ

    こんにちは。スギムーです。音楽記事シリーズ。アーティストの…

BOOK

魂の音楽ビジネス構築術: 世界観を作って熱狂的ファンを作る音楽アーティストの次世代ビジネス

NEW ENTRY

RECOMMEND

  1. マーケティング

    ビジネスの世界観を作って自然体で売る方法
  2. マインドセット

    ストレスない人間関係は「去る者は追わず、来るものは超選ぶ」
  3. 思考法

    逆算思考のやり方|目標設定の意味がない理由と「10倍思考」のススメ
  4. マーケティング

    プロが教える『本命にモテる』マーケティング心理学
  5. 戦略・ビジネスモデル

    イノベーションの意味とは?事例でわかる価値の作り方
PAGE TOP