ネタ・雑記

<スギムーミステリー>マッハの男

「さて、帰るか」

スギムーはマッハで車のキーを差し込み、エンジンをかけた。

余談ではあるが、彼の行動は常にマッハ。
超人的なそのスピードはもはや肉眼では捉え切れない。

その時であった。
スギムーEYEはまさかの光景を捉えるのであった。

ジャック(車)が、ウンともスンとも、
バシュっとも、アベシッとも、イヤーンとも言わない。

そう。
まさかのノーエンジンである。

たしかに、外出時には、
おやつ代500円と筆記用具とエンジンだけは持って来たはずなのに、
車が動かないのである。

ちなみに余談ではあるが、
スギムーは車の運転を5歳児でハワイでオヤジに教わっている。

「あーれれー?」

スギムーブレーンは、すぐさまその異様な状況を把握し、
「車が動かない」という、数奇な事実を一瞬で認知した。

まさに神業。 そして彼は動いた。

そう時代もその時、動いたのであった。

GSに緊急要請を出したのである。
(訳:ガソリンスタンドに「なんで動かないのー?」って聞きに行ってみたよ。)

GSの隊員はこう言った。

 

GS隊員
「これは・・・・バッテリーがあがってますね」

 

すぐさま、スギムーはこちらの認知度を伝える。

すぎむー
「つまり、それは、車ノリノリで、バッテリーアゲアゲってことかね?」
GS隊員
「ええ。お察しが早いですね。さすがです。トキメキを覚えました。」

 

GSも緊急体制を覚悟したようだ。

GSによる緊急対策が練られている際、スギムーはGSの女子隊員のリサーチを欠かさない。

どうやら女子はアルバイト。
彼女はこのように愛の告白をして来たのであった。

 

GS女子
「バッテリーの他に気になることはありますか?」
すぎむー
「そうだな。気になることといえば、最近、健康が気になっているのでマイボディを鍛える事にしている。
あとは、気になる女性が300人くらい。社会情勢で言うと・・・」

 

スギムーの話題は事欠かない。

3分は知らない女子との場を持たせる能力が備わっているミラクルブレーンの持ち主である。

そして対策を終えた隊員にスギムーは一言。

「グッジョブ!」

そう言い放ち、また未来へと旅立つのであった。

マッハで。

無料メルマガはこちら





良い記事だったので投げ銭する


いいね!をして
更新情報を受け取る

Twitter でTakashi Sugimuraを

関連記事

  1. ネタ・雑記

    ワードプレスぅ、はじーめました〜♪

    春に間に合うように 2002年から構想して自分が納得いくまで 何度…

  2. ネタ・雑記

    <スギムーミステリー>何度も市役所に行く男

    さて、今日はあのクマクマの実の能力者スギムーにインタビューしてみるよ!…

  3. ネタ・雑記

    オラ起業さするだ

    ハァ〜お金もねぇ 自由もねぇ貯金も言うほど貯まってねぇやる…

PROJECT

BOOK

魂の音楽ビジネス構築術: 世界観を作って熱狂的ファンを作る音楽アーティストの次世代ビジネス

おすすめWPテンプレート20選

NEW ENTRY

RECOMMEND

  1. マーケティング

    個人事業の集客力を高める3つの要素と3つの仕組み
  2. マーケティング

    ゴディバの義理チョコ広告に見る刺さる広告メッセージの作り方
  3. アーティストビジネス

    音楽アーティストは集客より営業をしなさい
  4. 戦略・ビジネスモデル

    イノベーションの意味とは?事例でわかる価値の作り方
  5. マインドセット

    社会不適合者に向いてる仕事|社会に適合する必要がない理由
PAGE TOP